地元情報誌TJカゴシマが"ちょっとプラス"な鹿児島情報をお届け

townnews

【小正醸造 嘉之助蒸溜所】新たなジャパニーズウイスキーを生み出す海辺の蒸留所が誕生

【小正醸造 嘉之助蒸溜所】新たなジャパニーズウイスキーを生み出す海辺の蒸留所が誕生

小正醸造 嘉之助蒸溜所
  • おでかけ

吹上浜沿いののどかな場所に誕生したジャパニーズウイスキーの蒸留所「嘉之助蒸溜所」。

「小鶴」ブランドなどで知られる小正醸造が、貯蔵して作る熟成焼酎「メロー小鶴」を作るための場所として設備を構える「メロー小鶴の里」の敷地内にウイスキー蒸留所を造りウイスキーの製造をスタートさせました。

まだまだオープンしたばかりのキレイでオシャレな蒸留所は、見学はもちろん、売店でグッズを見るだけに立ち寄るのもOKだそう。
広めの芝生もあり、吹上浜までもすぐなので、ウイスキーに詳しくない人も気軽な気持ちで訪れてみてほしい場所です。

見学をしたい人はネット予約がオススメ。ちなみに基本的には4日前までの予約だそうです。

時間は10時~、13時~、15時~の1日3回。スタッフの人が詳しく説明してくれるので、何の知識もない私でも「へぇ~!」「ほぉほぉ」を連発してすごく楽しめましたよ。

 

では、見学の一部をご紹介!
見どころはやっぱりポットスチル(蒸留機)。
3基それぞれ形や大きさが違うことで香りや味わい変化を出せるそう。
詳しい説明は現地で楽しんで!

 

見学の最後に訪れる「THE MELLOW BAR」では、試飲が楽しめるんですが、まずその景色がスバラシイのです。コレです。

 

そして、試飲は麦汁、ウイスキー3種の4種類が楽しめます。車で来ていて、飲酒は無理(泣)って人はお持ち帰りもOK!嬉しい!

売店では、樽詰め前のウイスキー原酒を使った「ニューポット」やオリジナルグッズも販売しているので、訪れた記念にどうでしょう。

これを機に、ウイスキーの世界に足を踏み入れてみるのもいいかも。
私もウイスキーをたしなむ素敵な大人の女になりたいものです。

 

<text/タニガワ 晩酌のお供・ビールに焼酎に、ウイスキーを加えたい女>

    DATA

  • 電話番号099-201-7700
  • 住所日置市日吉町神之川845-3
  • 営業時間

    10:00~17:00

  • 休み

    なし※臨時休あり

日置市日吉町神之川845-3
2018年6月現在の情報です。
最新の情報はご確認の上お出かけ下さい。

ページトップへ戻る